取扱3,091商品!創業1990年の信頼と実績。防犯カメラは秋葉原駅徒歩3分の防犯用品専門店『アルタクラッセ』にお任せ。設置工事・相談・大口注文も当店へ

防犯カメラ業者様向け新規卸会員募集!! 次世代高画質400万画素AHD防犯カメラセット

HOME > サービス > レンズ選定方法

C/CSマウント監視カメラは、レンズは付属していません。監視距離、設置場所により組み合わせが変わります。
レンズの画角は下のレンズ選定フラッシュアプリケーションで確認することができます。

このアプリケーションは当社オリジナルです。無断転用、複製を固く禁じます。

レンズ選定フラッシュアプリケーションのご使用方法

  1. 「カメラのCCDサイズ」を1/3、1/4から選びます。
  2. 「自由調整」項目内の「被写体までの距離」「焦点距離」「明るさ」バーをマウスのポインターで左右に動かしてそれぞれの数値を設定してください。
  3. 「結果表示」欄に、画面縦/画面横/水平画角/垂直画角の4項目が表示されます。
    同時に右側の「画面の見え方」も変化します。
(注:「画面の見え方」はモニターを通して見た映像とお考えください)
「画面縦」と「画面横」は実際の距離をあらわしています。 (注:実際の見え方とは多少異なる場合があります)
このコンテンツを利用するには、Adobe Flash Playerがインストールされていることが必要です。

防犯カメラ用CCTVレンズについて

CCTVレンズの種類について

単焦点レンズ

焦点距離が固定されているレンズです。

工業用レンズ

歪をなくし、対象物に対して忠実な映像を映し出すことができます。

簡易型レンズ

アイリス(絞り)調整を省いた単焦点レンズです。

バリフォーカルレンズ

簡易型ズームレンズです。1本で幅広い範囲に対応。

CCTVレンズの焦点距離について

広い範囲を1台のカメラで見渡したい場合

広角レンズ(上記の表で焦点距離の数字の小さい物)を選んでください。

エントランス、門、エレベーターの出入り等の狭い範囲をはっきり撮りたい場合

カメラの位置と撮りたい範囲によりレンズの選択が変わります。上記の表を目安にして下さい。
バリフォーカル(可変焦点)レンズは設置時に最適な画角(映る範囲)に調整出来ますので、希望どうりの画角が得られお薦めです。

CCTVレンズのアイリス(絞り)について

監視時間中の明るさの変化が少ない場合 (店舗等の営業中時のみの監視など)

アイリス(絞り)はマニュアルのもので十分です。価格も安く抑えられます。

監視時間中に明るさが大きく変化する場合 (24時間監視、屋外監視など)

オートアイリスのものを選んでください。明るい時から夜間までの対応範囲が広くなります。
DC駆動とビデオ駆動が有りますが、主流は調整精度の良いDCタイプです。
オートアイリスレンズを使うにはカメラ本体も対応している必要があります。

オートアイリスのDC駆動とビデオ駆動

DC駆動

カメラ回路で感知した明るさにより、レンズの絞りをモーターで駆動します。
明るさ感度はカメラ回路に委ねられます。

ビデオ駆動

レンズに組み込まれた回路で感知した明るさにより、レンズの絞りモーターを駆動します。
カメラの感度の差はなく、一定した明るさが得られます。


防犯カメラ用Cマウントレンズ

防犯カメラ用Cマウント・CCTVレンズ専門店秋葉原

無料お見積もり・ご相談はこちら