取扱3,091商品!創業1990年の信頼と実績。防犯カメラは秋葉原駅徒歩3分の防犯用品専門店『アルタクラッセ』にお任せ。設置工事・相談・大口注文も当店へ



HDSDI

220万画素ワイヤレスカメラ
400万画素カメラセット

HOME > メーカー別 > ソニー(SONY)製ネットワークカメラ

HOME > メーカー別 > ソニー(SONY)製ネットワークカメラ > 赤外線カメラ

HOME > 防犯カメラ > ネットワーク・IPカメラ・NVR 防犯カメラ > メーカー別ネットワークカメラ・IPカメラ > SONY(ソニー) ネットワークカメラ2


カートへ

Sony(ソニー)IPネットワーク 屋外型 赤外線防犯カメラ SNC-CH280

赤外線照射機能を搭載し、照度0ルクス環境下での撮影を可能にしたIP66準拠のHDネットワークカメラ

Sony(ソニー)IPネットワーク 屋外型 赤外線防犯カメラ SNC-CH280

商品番号 SNC-CH280

付属:CD-ROM(ユーザーガイド、付属プログラム)×1、テンプレート×1、落下防止用ワイヤーロープ×1、段付きネジM4×1、保証書(冊子)×1、設置説明書×1

302,400円(税込)

[2,800ポイント進呈 ]

数量
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く


Sony(ソニー)IPネットワーク 屋外型 ドームカメラ SONY SNC-EM602RC赤外線照射機能を搭載し、照度0ルクス環境下での撮影が可能(*)で、夜間の河川監視や踏切監視の用途で活用いただけます。

* 赤外線照射機能による撮影可能距離は約15mです
※ モノクロでの撮影となります



1920×1080ピクセル(縦横比16:9)のフルHD映像を 30 フレーム/秒(*)で出力できます。フルHDのプログレッシブ出力に対応したことで、監視用途だけでなく画像解析など高精細な映像を必要とする用途への利 用が可能になりました。また、映像圧縮方式は、JPEG、MPEG-4、H.264の3方式に対応しているので、高画質な静止画の切り出しが必要な場合に はJPEG方式を、遠隔地のモニタリングなど使用するネットワーク帯域を抑制したい場合にはH.264方式をというように用途に応じた映像圧縮方式を選択 できます。また3方式から選んだ2方式(デュアルコーデック)による映像の同時配信も可能です。

* シングルコーデック(1920×1080、H.264)時



高速な信号読み出しと低ノイズ化を実現した、有効画素数327万画素の1/2.8型 “Exmor”(エクスモア) CMOSイメージセンサーを搭載。




高速信号読み出しが可能な“Exmor” CMOSイメージセンサーの特長を生かし、1フレーム内でシャッタースピードが異なる2枚の画像を合成。同時に明暗部コントラスト補正機能(VE:ビジビ リティーエンハンサー)を組み合わせることで、明部/暗部の視認性を飛躍的に向上させることができます。
屋内から明るい屋外を撮影するような逆光状態で効果を発揮し、光が強く白とびしている屋外の建物や、光が弱く黒く沈んでいる部分の人物の顔や車のナンバープレートも見ることができます。また夜間や暗い室内など低照度時の撮影でも効果を発揮します。




映像内の動きのない領域には3次元ノイズリダクションを、映像内の動きのある領域には2次元ノイズリダクションをそれぞれ行なうことにより、低照度時のノイズを除去・軽減し、鮮明な映像を実現します。

* eXcellent Dynamic Noise Reduction(エクセレントダイナミックノイズリダクション)
※ 2次元ノイズリダクション:1枚のフレーム内でノイズを検出し、ノイズを除去
※ 3次元ノイズリダクション:映像の中で連続する2つのフレーム画像の内容を比較、平均化を行い、抽出された差分信号をノイズとして認識し除去



設置時のフォーカス調整をアシストするEasy Focus機能を搭載。カメラ本体のボタンまたはWebブラウザからの操作で、フォーカスの自動調整を行うことができます。カメラ設置時におおまかなフォーカス調整をしておけば、あとは簡単にフォーカスの自動調整ができるので、カメラ設置時の手間を軽減することができます。


カメラ本体のボタンまたはWebブラウザからの操作で、ズーム倍率を変更し撮影範囲を調整することができます。

※ Easy Zoom機能は、設置時または設定変更時などにご利用いただく機能です




カメラにスプレー塗料や布をかけられたり、画角が大きく変わったりした場合の映像変化を検知する機能を搭載しています。




カメラに接続したマイク(別売)を通じてカメラ周辺の音声をひろい、ある一定のしきい値を超えた場合に検知する機能を搭載しています。




高度な画像処理機能を実現する技術です。単に動体を検知するだけでなく、画面上に設定したライン上を人や車が右から左に通過した場合にアラームを発生する など、より高度なアラーム検知が可能です。 映像データに加えて、このアラーム情報を付加してレコーダーに送れるため、レコーダー側では、アラームに沿って、記録を開始するなどの連携した処理が可能 です。また、従来のDEPAと異なり、画像処理をカメラ側のみで行うため、レコーダー側の負担が軽減されます。

※ 不動体検知には対応していません




ONVIF(*)の定めるネットワークビデオ製品インターフェースの標準仕様に準拠しています。同規格に対応した他社製のレコーダーやレコーディングソフトウェアなどにも接続することができ、機器の選択の幅がひろがります。

* ONVIF(オンヴィフ):Open Network Video Interface Forum




・JIS保護等級IP66準拠で屋外設置可能(指定の設置方法に従った場合)
・ヒーター内蔵 ※ヒーターはDC12VまたはAC24V使用時のみ動作可能
・PoE(IEEE802.3af準拠)に対応
・IPv6対応






*1 絵柄や画質設定、ビットレート設定などの影響によって、最大フレームレートが低下する場合があります
*2 画質設定[Level1]の場合。工場出荷時(画質設定[Level7])の最大フレームレートは、10fpsとなります
*3 画質設定[Level1]、[Level2]の場合。工場出荷時(画質設定[Level7])の最大フレームレートは、12fpsとなります
*4 推奨CPUスペックは、インテル(R) Core(TM)2 Duo 2GHzまたはそれ以上。メモリーは1GB以上
*5 PoE使用時、内蔵ヒーターは使用できません
*6 -10℃以下の環境で起動した場合、内蔵ヒーターが動作して内部温度が上昇した後にカメラ本体が起動します(正常な映像が得られるまでに2時間程度かかる場合もあります)
*7 SNC toolbox:カメラの各種設定を行うためのソフトウェアツール
*8 動作環境:Microsoft(R) Windows(R) XP Professional(32ビット版)、Windows Vista(R) Ultimate/Business(32ビット版)、Windows(R) 7 Ultimate/Professional(32ビット版/64ビット版)
*9 SNC audio upload tool:カメラに音声を送信するためのソフトウェア
*10 SNC video player:カメラ内に保存した映像または音声をコンピューター上で再生するためのソフトウェア