取扱3,091商品!創業1990年の信頼と実績。防犯カメラは秋葉原駅徒歩3分の防犯用品専門 店『アルタクラッセ』にお任せ。設置工事・相談・大口注文も当店へ

防犯カメラ業者様向け新規卸会

員募集!! 次世代高画質100万画素

AHD防犯カメラセット

HOME > 録画機(DVR・レコーダー) > アナログハイビジョンAHDレコーダー

HOME > 録画機(DVR・レコーダー) > アナログデジタルレコーダー

HOME > 録画機(DVR・レコーダー) > アナログデジタルレコーダー > 8CH・アナログデジタルレコーダー

AHD、CVBS(アナログ) 1980×1080P 1260×720P 960×480P フルハイビジョン
220万画素・130万画素・52万画素 ハイブリットレコーダー 8CH DVR

ハイブリッドデジタルレコーダー
  • レコーダー全景
  • レコーダー前面
  • レコーダー背面
録画機画像
ハイブリッドDVR

AHD220・130万画素・52万画素 HDD増設可能 AHD、CVBS(アナログ)カメラ対応対応!1980X1080P 1280X720P 960X480P 8CH フルハイビジョン ハイブリットDVR(2TB)SHDVR-TG08AHD

8CH AHD、CVBS(アナログ)カメラ対応のハイブリットDVR 小型で高性能・高機能でおすすめです!
AHD220・130万画素・52万画素 HDD増設可能 AHD、CVBS(アナログ)カメラ対応対応!1980X1080P 1280X720P 960X480P 8CH フルハイビジョン ハイブリットDVR(2TB)SHDVR-TG08AHD

商品番号 SHDVR-TG08AHD

220万画素のAHD、CVBSアナログカメラをどちらも録画可能! 既存のシステムにハイビジョンカメラの増設や既存のシステムをそのままハイビジョン化ができるオールマイティDVRです。SHDVR-TG08のベーシックAHDモデルです。
  • FullHD(フルHD)1080対応
  • 動画圧縮 H.264フォーマット
  • 簡単接続DDNS
  • 動体検知 モーション録画
  • マウス付属
  • バックアップ USB端子搭載
  • HDD容量2TB
  • VGA接続対応
  • HDMI出力端子
  • HDD保証3年
  • 業務用モデル



希望小売価格320,000円のところ
当店特別価格89,800円(税込)

会員価格あり!

[831ポイント進呈 ]

HDD増設
(2TB内蔵)

HDDを増設しますか?
取扱説明書
PDFで取扱い説明書をダウンロードする、
数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

SHDVR-TG08AHDの特長



  • SHDVR-TG08AHDはAHD・960H映像信号に対応した最新版のハイブリッドレコーダです。コンパクトなボディでも遠隔監視の拡張性の高い業務用モデルです。ブラウザや専用のCMSソフトを使用することで1画面に最大256台のカメラ映像を映すことができます。その他、映像内の特定部分のみを検索、再生するインテリサーチや、マップ上にカメラ、アラーム出力・入力、オーディオを設置して、ビジュアル的に遠隔監視が出来るE-MAP機能を搭載しています。ログ機能も充実しており、各カメラとの接続、HDDの状態、録画の有無など詳細な機器情報を確認できます。

    アルタクラッセでは、ネットワークカメラ、防犯カメラ、監視カメラの選び方・取り付け方、設置工事のご相談に応じています。お気軽にお問い合わせ下さい。熟練の 防犯設備士が対応いたします。

  • ・AHD200万画素、130万画素、アナログ規格52万画素に対応したハイブリッドレコーダー
  • ・256チャンネル同時監視、EMAP機能などの高機能CMSソフト等多彩な機能を塔載の高級機
  • ・指定した場所で変化があったことを簡単にサーチできるインテリサーチ機能搭載
  • ・exeバックアップでシンプルかつ利便性が高いバックアップが可能
  • ・DVRデスクトップビューで代理設定が可能
  • ・ファンレスの静音設計
  • ・施工業者様用の業務用専用モデル
  • AHD・CVBS(アナログ)の圧縮方式の特長

    130万画素1920×1080p、1280×720pでAHDのアナログハイビジョンカメラ規格

    AHD比較

    52万画素960×720pで960Hのカメラ規格

    960H比較

    基本的な操作法(→YouTube)

    SHDVR-TGシリーズを使用するうえで基本的な操作法です。
  • ・DDNS登録方法はこちら
  • ・IPアドレス固定方法はこちら
  • ・バックアップ方法はこちら
  • ・モーション録画切替方法はこちら
  • ・ご注意!:YouTubeに移動しますので、視聴後にブラウザの戻るボタンでショップにお戻りください。
  • 製品仕様

    防犯ハイブリッドレコーダー,正面,背面

    AHD・CVBS(アナログ)の2つの映像方式の特長

    AHD(Analog High Definition)カメラは従来のアナログ規格をベースにとしながらも、ハイビジョン(130万画素)もしくはフルハイビジョン(220万画素)で映像を出力できる新しい規格です。通線距離が長いのが特長です。通線距離が長くなると映像の劣化やノイズが出ます。

    AHD比較

    さまざまな解像度に対応

    SHDVR-TG04AHDはアナログ最低画質のCIFからAHD最高画質の1080Pまで対応しています。防犯カメラ4台までをさまざまなバリエーションで接続する事が出来ます。

    AHD解像度比較

    220万画素AHDカメラと52万画素アナログカメラの画像比較

    52万画素アナログカメラでは認識できない文字も、AHD220万画素のフルハイビジョンカメラでは、大きい文字はそのままでも読み取り、小さい文字はデジタルズーム機能を使ったりして読み取ることが可能です。

    カメラ画像比較
    52万画素のアナログカメラの解像度で表示→クリックで拡大表示に拡大します。
    220万画素のフルハイビジョン画質で表示→クリックで拡大表示に拡大します。

    3年保証!防犯用レコーダのために設計されたHDD(2TB)を搭載

    防犯カメラ用HDD

    ALLFrameテクノロジーによりビデオフレームの消失を防ぎます。 24時間365日稼働するレコーダでの使用を想定した設計。 高温・常時稼働体制の監視セキュリティシステム向けに開発された Western Digital社のWD Purpleの2TBを標準搭載しています。 従来のPC用HDDと異なり、24時間365日稼働する録画機専用の 設定となっており、低速度回転、低消費電力により耐久性を向上させたHDDです。その他、書き込み頻度が高いアプリケーション用のキャッシングアルゴリズム調整やビデオフレームの消失を防ぐ技術など録画機での運用を向上させるさまざまな機能を有しています。
    SHDVR-HDP04に搭載のWD-Purpleは3年間のメーカー保証があります。

    AHD・CVBSの2規格が録画可能な「ハイブリットレコーダー」

    カメラ自動認識

    52万画素アナログカメラも、220万画素AHDカメラも、挿すだけで自動認識されます。もちろん、アナログとAHDを同時に使用することもできます。

    接続例(既存のアナログカメラ設備の更新)

    ハイブリッドレコーダーを使用するメリット

    防犯カメラ設備の更新

    防犯カメラの増設・レコーダーの入れ替えなどの設備の更新時に、既存のカメラやケーブルなどの資産を有効活用することで取付工事費や、施工の手間を削減することが可能です。

    おすすめ使用例

    • レジ周りだけ画質の良いAHD(220万画素)にして、その他は低価格のアナログカメラを設置したい。
    • 既にアナログカメラを持っているが、カメラを増設したい。既存のアナログカメラをそのまま使用しながらも、AHDのカメラを増設したい。
    • DVRの入れ替え(カメラはそのまま)
    • ハイブリッドレコーダだとレコーダが1台で兼用可能(AHDレコーダー・アナログレコーダーをそれぞれ設置する必要なし)

    直観的なグラフィックインターフェースの設定画面

    直観的に操作が可能なグラフィックインターフェース

    マウスのポインターを画面の下方向に移動させると、自動でメニューバが表示されます。表示されるアイコンをクリックする事でレコーダの各設定項目に簡単に移動できます。マウスを右クリックする事でも設定項目一覧を表示する事が出来ます。

    メニューバー

    日本語対応の操作画面

    日本語操作画面

    業務用でも多くの実績がある使いやすい日本語操作画面です。

    日本語操作画面 日本語

    モーション録画(動体検知)機能

    動きがあった時にだけ映像を記録するモーション録画機能を装備。ハードディスク使用量を抑え、長期間の録画映像保存が可能となります。また、再生時に動きのない時間をスキップできるため映像確認の効率化も実現できます。
    モーション録画設定では画像の一部に動きがあった場合のみ録画する設定が可能です。例えば、グリッド線でドア付近のみ指定すると、室内の動きは検知せず、ドアを通った入退出のみ録画することが出来ます。設定操作もマウスで簡単に行うことができます。

    モーション録画(動体検知)設定

    入口と椅子に座った人のみ録画となる設定です。(設定イメージ図)

    モーション録画(動体検知)設定

    スケジュール録画機能で、「高画質」で「長期間」などのニーズにも対応

    平日の日中はモーション録画でHDD使用量を抑え、土日や夜間は常時録画でしっかりと録画をするなど、録画方法をカスタマイズすることで、様々なご要望にお応えします。
    例えば、映像の変化の多い日中は常時録画で、夜間はモーション録画で異常の可能性がある映像のみ録画する事や、自身が在宅中は録画をせず、外出時間のみ設定して録画をするなど環境に合わせた録画スケジュールを設定できます。祝日を設定する事で祝日のみ他の曜日と異なる設定をすることも可能です。

    スケジュール録画

    実際の設定画面です。マウスで簡単に設定することができます。

    デジタルズーム機能搭載で必要な場面の細部を確認

    画面内の拡大したい部分を枠で選択することで 拡大表示することが出来ます。

    拡大表示することで220万画素AHDカメラの高画質を最大限に活用することできます。

    録画映像だけでなくライブ映像でも操作することができます。操作もマウスで簡単に行うことができます。

    遠隔地からスマホで操作、確認することもできます。

    ハイビジョン映像だからできる、広角で全体を監視しながらも必要に応じてズームするデジタルズーム機能です。

    デジタルズーム

    実際の拡大映像です。

    S.M.A.R.T機能でHDDの消耗を事前に検知して通知する機能!

    S.M.A.R.T(Self-Monitoring Analysis and Reporting Technology)ではレコーダがHDDの自己診断を行い、障害につながる可能性のある以上を検出した際に通知する機能です。HDDが故障する前に、必要なデータをバックアップし、HDDの予防交換を行うなど、事前の対策が出来ます。

    システムイベント通知

    ※S.M.A.R.T機能では突発的な故障によるHDDの障害に対応できない場合もございます。

    必要なデータはUSBや外付けHDDにバックアップ

    多くのDVRは専用フォーマット形式とAVI形式でバックアップが出来ますが、それぞれに長所と短所があります。.EXEフォーマットのバックアップは専用フォーマットとAVIフォーマット両方のメリットを併せ持ったバックアップ形式です。

    防犯カメラ映像のバックアップ

    専用フォーマットの特長
    メリット:4分割画面を同時再生可能。映像の録画時刻を表示
    デメリット:専用の再生ソフトを使用しないと再生できない。

    再生画面から簡単にバックアップが取れる。

    AVIフォーマットの特長
    メリット:専用ソフトを仕様せずに汎用ソフト(windows media player等)で簡単に再生できる。
    デメリット:1チャンネルのみしか再生できない。時刻表示がないDVRが多い。

    EXEフォーマットの特長
    専用ソフトを仕様せずに汎用ソフト(windows media player等)で簡単に再生できる。
    4分割画面を同時再生可能。映像の録画時刻を表示

    再生画面から簡単にバックアップが取れる。

     

    バックアップ操作画面

    カメラごとに録画設定が可能

    カメラごとに録画フレームや画質を変更できます。お使いの環境に合わせて設定することで、HDDの録画容量を抑えて録画日数を延ばす事が出来ます。

    防犯カメラのチャンネル毎の設定画面

    分割画面とシーケンシャル機能

    カメラの映像を自動で切り替え表示することができます。

    防犯カメラのシーケンシャルイメージ図

    設定も管理画面から簡単に行えます。切換え周期の時間も選択できます。

    防犯カメラの巡回表示操作画面

    CMSソフト(付属CD)-遠隔監視も目的に合わせて機能が充実

    複数のDVRを接続して最大256チェンネルを同時監視できるCMSソフトを付属しています。分割画面のレイアウト変更や各チャンネルの詳細ステータスの表示が可能です。

    防犯カメラの遠隔監視ソフト

    バックアップデータ再生

    フラッシュメモリに保存された.exeファイルをクリックするだけで再生ソフトが起動します。4チャンネルを同時バックアップした場合、時刻表示付きで4分割画面が再生されます。各チャンネルをクリックすると1画面表示でも再生可能です。

    バックアップ1

    インターネットによる遠隔地からのレコーダーの設定が可能

    CMSソフト経由で遠隔地のレコーダーの設定変更が可能です。映像のバックアップや静止画のキャプチャも可能です。

    ※この機能を使用するにはルーターでHTTPポート80番を開放する必要があります。

    遠隔監視と遠隔設定

    対応ブラウザ:windows(ie,Chrome,Firefox)

    ブラウザからの遠隔監視

    CMSソフトを使用せずに、WindowsPCからインターネットブラウザ(Internet Explorer等)経由でも遠隔監視が出来ます。遠隔バックアップなど一部の機能は制限されていますが、リアルタイム監視・再生などをブラウザから簡単に操作できます。

    遠隔監視

    NTPサーバで時刻同期

    レコーダをインターネット接続するとNTPサーバとの時刻の同期が可能です。定期的に時刻の同期が行われることで、映像の時刻を常に正確に保つことが出来ます。

    遠隔監視

    インテリサーチ機能

    グリッドで範囲指定を指定すると範囲内に動きがあった際の映像のみを検索出来ます。そのため素早く特定の映像を検索する事が出来ます。
    常時録画の映像を後から検索範囲を指定して範囲内に動きがあった際の映像のみを検索出来ます。万引対策や人の多い場所の検索に威力を発揮します。

    インテリサーチ1

    E-MAP機能

    遠隔ソフト上に図面などのイメージ画像を挿入する事が出来ます。カメラアイコンやアラームアイコンを画像上に設置する事で視覚的な監視が出来ます。例えば、図面上のカメラアイコンをクリックすると、その場に設置されたカメラの映像が表示されます。

    E-MAP機能

    関連製品

    • 同軸ケーブル
    • カメラ単体
    • ACアダプタ
    • モニター・ケーブル

    専用無料DDNSで遠隔監視

    固定IPアドレスの契約をしていなくても、DDNS(ダイナミックドメインネームシステム)があれば、離れた場所から監視映像を確認することができます。

    デジタルハイブリッドレコーダーSHDVR-TG08AHDでは、専用の無料DDNSを利用することができます。

    リアルタイムの映像や、録画再生映像を遠隔地から監視することができます。

    遠隔監視用DDNS

    インターネット接続環境が必要です。ルーター設定についてはご契約プロバイダーにお問い合わせください。

    専用無料DDNS

    デジタルハイブリッドレコーダーSHDVR-TG08AHDのMACアドレスは、WMSのDDNサーバーに登録済みです。

    指定のウェブサイトにアクセスし、簡単な設定をするだけで、無料DDNSサービスを使用することができます。

    遠隔監視、okddns

    遠隔監視-DDNSとは

    遠隔監視にはDVRにアクセスする必要があります。そこで問題になるのがグローバルIPアドレスです。ISP(インターネットサービスプロバイダ)から提供されるグローバルIPアドレスは、多くの場合、時間が経過するとDVR側のIPアドレスが変わり、遠隔地の端末に設定したアドレスではアクセスできなくなります。

    DDNSを使用すると、グローバルIPアドレスが変化してもXXXXX.okddns.comのようなドメイン名で常にDVRにアクセスすることができます。

    遠隔監視-DDNS

    ブラウザやCMSソフトを使用して遠隔地からDVR本体の画面を表示・操作する事が可能です。DVR本体側でUSBフラッシュメモリを接続して、遠隔地からバックアックを代行するなど、考え次第で様々な運用が可能です。

    スマホ・モバイル監視

    AndroidOSやiOS(iPhone,iPad)などのスマートフォンで無料のアプリケーションをダウンロードして遠隔監視することができます。

    スマートフォンではリアルタイム映像の監視、録画映像の監視の他に、デジタルズームも可能です。

    遠隔監視、iPhone、アンドロイド

    iPhoneでもアンドロイドでも遠隔監視が可能

    モニター画面出力

    3つのモニター出力があります。

    防犯用モニター取付

    ※ご使用のテレビによっては出力映像信号に非対応のため映像が表示されない場合がございます。詳しくは、お問い合わせください。

    録画可能時間の目安

    本製品の録画可能時間について、各録画解像度別に目安となる時間(日数)は下記の通りとなります。

    カメラを1台接続し、内蔵ハードディスク1TB搭載時に、各画質/各fpsごとの録画時間を記載しています。また、搭載ハードディスクが2TBハードディスクの場合はこの表の2倍、4TBハードディスクの場合はこの表の4倍の録画時間となります。

    ※あくまで目安としての参考時間となりますので、使用するカメラや撮影する被写体によって録画時間は変化します。予めご了承ください。

    録画可能時間

    スペック表

    ハイブリッドレコーダー,スペック1 ハイブリッドレコーダー,スペック2

    関連製品接続イメージ図

    防犯カメラ、監視用モニターとの接続イメージ図です。

    取付け,接続図

    保証制度やサポートも安心

    ご購入前やご購入後のお問い合わせやDDNS等のネットワークに関してのご質問も、お気軽にお問い合わせください。

    保証制度・サポート

    注意事項

    本ページやパッケージの写真は開発中の製品を撮影したものです。量産品と若干違いがある場合がございます。 
    製造元製品をそのままの状態でお届けするため、細部形状や色味および機能の一部について事前の予告無く変更が行われる場合がございます。あらかじめご了承ください。
    本製品を使用した事による、直接的もしくは間接的に生じた損害・破損(データを含む)については弊社では一切責任・保証を負いません。
    初期不良と認められた場合は、基本的に同じ商品の不良のあるパーツを交換、もしくは同等品との交換とさせて頂きます。
    使用上の誤り及び不当な修理や改造による故障及び破損は保証対象外です。
    基本的な操作方法以外のパソコン設定に関する技術的な操作等のご質問にはお応えできかねます。